レスベラトロールを含む食材にサンタベリーやクランベリーやブルーベリーなどがあるけど、レスベラトロールにはどれくらい含まれてるの?サンタベリーは北欧のどんな植物?

抗酸化作用の高いレスベラトロールは、食材ではクランベリーやブルーベリーに含まれている他、北欧に自生するサンタベリーにも豊富に含まれています。

これらの果実のレスベラトールの含有量は1g中、クランベリーが約900ng、ブルーベリーが1074ngなのに対し、サンタベリーは5884ngと、最も多くなっています。
そんなレスベラトロールがとても豊富に含まれたサンタベリーというのは、北欧のなかでも北極圏周辺の森の中に自生しています。

北欧では食材となっている果実で、農作物が育ちにくい環境の中での貴重な栄養源として使われています。

食べ方は生でそのまま食べる他、ケーキの材料となる事もあります。
更に、ジャムに加工して肉料理やヨーグルトと合わせたり、ジュースや果実酒にするなど、様々な場面で食べられています。

レスベラトロールが豊富に含まれ、アンチエイジング効果が高いと日本でも注目を集めるサンタベリーですが、クランベリーやブルーベリー程、食材としては出回っていません。
ただジャム等の加工品の形として販売されている事がある他、現在はサプリメントという形で販売される事が増えてきています。

アンチエイジングを考えるのであれば、サンタベリーに注目をしておく事がおすすめです。

レスベラトロール 食材 サンタベリー

今話題のわかさ生活のレスベラトロールの商品の詳しい情報や一番安い買い方を知りたいならこちらもどうぞ!

執筆者:さや

コメントは受け付けていません。