レスベラトロールにはコラーゲンの分解を抑える作用はある?コラーゲンの分解を抑えると何に良いの?

レスベラトロールは、サンタベリーやぶどうに含まれる、ポリフェノールの一種ですので、強い抗酸化作用があります。この点が最近、サプリメントや化粧品などにも使用され、注目されている理由です。では、お肌をみずみずしく保つために必要なコラーゲンとどう関係しているのでしょうか?

コラーゲンは年齢とともに減少し、質も低下して行きます。その原因として、紫外線やストレス、喫煙の影響が挙げられます。それらの原因によって、コラゲナーゼという分解を促す酵素が働くために、数の減少や質の低下を招いてしまいます。

ですが、レスベラトロールは、それらの酵素の活性化を抑える働きがあります。つまり、コラーゲンが分解されることを抑える作用があるのです。

レスベラトロールはコラーゲンの分解を抑える作用があることにより、お肌の健康を保つだけでなく、他にも良い効果があります。

実は関節の軟骨の約50%、骨の成分の約20%、血管壁の弾力性や強度を作り出している主成分はコラーゲンです。ですので関節痛を改善したり、骨を丈夫にしたり、動脈硬化等血管に関係した疾患を病気を防ぐ効果があると言われています。

さらには歯周病を予防したり、血圧や血糖値をコントロールする効果もあるとされ、期待されています。

レスベラトロール コラーゲン 分解

今話題のわかさ生活のレスベラトロールの商品の詳しい情報や一番安い買い方を知りたいならこちらもどうぞ!

執筆者:さや

コメントは受け付けていません。