レスベラトロールの副作用は妊娠中の妊婦だと起こりやすい?

ブドウなどに含まれるポリフェノールの一種で、アンチエイジングに効果があるということで人気のレスベラトロールを、妊娠中の妊婦が多量に摂取すると、副作用として胎児のすい臓の発達などに悪影響の可能性があるとの研究結果が報告されています。

サルを使った動物実験では、妊娠中のサルがレスベラトロールを摂取することで、体重増加が30%少なく、胎盤から胎児へ送られる血流が改善したり、肝臓の脂肪堆積が減少するなどの効果が確認されたことにより、胎児の妊娠合併症などの疾病のリスクを低減させる効果があることがわかった一方、胎児のすい臓の重量が平均して42%も肥大し、乳がん細胞の増殖マーカーの値が12倍にも増加したことから、明らかな副作用もあることがわかりました。

妊婦(胎児)に起こる副作用のメカニズムについては現時点ではわかっていません。しかし、副作用がある以上、妊婦や授乳中の方は、なるべくレスベラトロールが含有されるサプリメントなどを摂取することは控えたほうが良いでしょう。

ただ妊婦以外の方の場合は、特に副作用は報告されておらず、むしろ摂取するメリットの方が多いので、安心して美容と健康のために摂取することができます。

レスベラトロール 副作用 妊娠

今話題のわかさ生活のレスベラトロールの商品の詳しい情報や一番安い買い方を知りたいならこちらもどうぞ!

執筆者:さや

コメントは受け付けていません。