ポリフェノールが肌の美容に良いというのはなぜ?ハリやたるみにも効果的?

ポリフェノールが肌の美容に良いと言われている理由は、ポリフェノールが細胞の酸化を防ぐ働きを持っているからです。この働きは抗酸化作用と呼ばれるもので、活性酸素の発生を防ぐ効果があります。

活性酸素は、紫外線、ストレス、大気汚染の他、呼吸によっても発生するため、避けられないものです。活性酸素は細胞膜やDNAを酸化させ、体の老化を加速させる大きな原因となるものです。

美容においては、真皮層にもダメージを与え、肌からハリを奪い、たるみを引き起こすため、美容には大敵です。

特に、年齢を重ねた肌の悩みとして多いシワやたるみは、紫外線が原因の活性酸素によってもたらされると考えられています。ハリのある肌は細胞の新陳代謝がスムーズに行われることで維持することができますが、その際必要なものがDNAです。

活性酸素によってDNAがダメージを受けると新陳代謝が低下し、代謝されるべきコラーゲンが残ったまま固くなってしまいます。

すると、ハリがなくなり、やがてたるみとして現れます。さらに、活性酸素によって皮脂が酸化すると、過酸化脂質という刺激物質に変わります。

これが、毛穴の開きやたるみを招くため、たるみの原因にもなります。ポリフェノールは摂取しても数時間しか効果の持続性は望めないため、こまめに摂取することが大切です。

ポリフェノール 肌 美容

今話題のわかさ生活のレスベラトロールの商品の詳しい情報や一番安い買い方を知りたいならこちらもどうぞ!

執筆者:さや

コメントは受け付けていません。