サンタベリーに含まれるポリフェノールの量は?ぶどうやワイン、クランベリーやブルーベリーなどの含有量との違いは?

フィンランドなどの北欧に自生しているツツジ科の低木植物サンタベリーの果実には、ワインやぶどう、クランベリーやブルーベリーなどの含有量を上回るポリフェノールの一種レスベラトロールを含んでいるということで、美容や健康に多様な効果を期待できるとして注目されています。

具体的には、年齢を重ねるにつれて起こりやすくなる様々な不調を事前に改善するアンチエイジング効果です。

これは、サンタベリーに含まれているレスベラトロールというポリフェノールには、老化の原因物質活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用があるからです。

さらに、サンタベリーには、これに加えて、ブルーベリーやクランベリーに多く含まれている目の健康をサポートするアントシアニンや、緑茶に含まれている防臭成分のタンニンなど30種類ものポリフェノールを含有しており、ぶどうやワインよりも多様なメリットを享受できます。

ちなみに、サンタベリーに含まれているレスベラトロールの含有量は、ぶどうやワインの2倍以上、ブルーベリーの5倍以上、クランベリーの6倍以上にも及びます。このために、質量ともにトップクラスの内容を備えており、効率的なエイジングケアを実現することが出来ます。

サンタベリー ポリフェノール ぶどう

今話題のわかさ生活のレスベラトロールの商品の詳しい情報や一番安い買い方を知りたいならこちらもどうぞ!

執筆者:さや

コメントは受け付けていません。